ごめんね・・・

チョロ
06 /23 2014
2004年6月22日

10年前の昨日はチョロが亡くなった日でした。

体調の悪いチョロをほっとけなくて

事務所の机の下にチョロを寝かせて仕事をしてたのですが

チョロもきっと私と一緒で安心してたと思うのです。

チョロが亡くなる時・・・

小さな声で鳴いて私の方に手を伸ばして動かなくなりました・・・

チョロが死んだことを受け入れたくなかった私は

もう一度目を開けて欲しくて何度も名前を呼びました・・・


死なないで!って言い続けた私・・・

本当にチョロに悪いことをしてしまったね。



昨日は父の日と母の日のプレゼントの代わりだよって

長男家族が食事に連れて行ってくれたので

チョロの命日も忘れて楽しいひとときを過ごした私・・・

チョロ・・・ 忘れてしまってごめんね!

今夜はチョロの好きだった味付け海苔とミルク(フレッシュ)をお供えするからね♪




チョロ

チョロは血統書付のシャムネコでした。

でも私には血統書や純血種なんて関係なく

チョロはチョロであって何物でもなかったんだよね・・・




今夜はよっちゃん(夫)とチョロの思い出話をするからね♪
(1年前のブログも同じようなこと書いてるね・・・)




おまけ 1

昨日のモコ♪

今ではこの寝顔が癒しになってます。




*今日は昨日の食事の様子をアップする予定でしたが
  明日にさせていただきますね。









ポッチンしてもらえると嬉しいなぁ♪

ペット(猫) ブログランキングへ

スポンサーサイト

9回目の命日

チョロ
06 /22 2013
9年前の今日、20年の猫生を終えたチョロ・・・

もう9年という月日が流れたんだね・・・

体調を崩したチョロをほっとけなくて仕事場に連れて行き

私の机の足元で寝てもらってたよね・・・



チョロが亡くなるとき、小さく鳴いて私に手を伸ばしてきたのは

チョロのありがとうの言葉だったと勝手に思っているけど

ありがとうを言いたかったのは私の方。

チョロがいてくれたおかげで、私の心が豊かになったよ。



劇症肝炎で苦しんで死ぬから安楽死を、と先生に勧められたけど(小田先生ではありません)

どうしても私には決断出来ず・・・

でも安楽死を決断しなくて良かった。

先生に安楽死を進められてから、チョロは頑張って1年2ヶ月生きてくれました。



チョロは仔猫でうちに来たわけではなく、大阪に転勤で引っ越した元の飼い主さんが

います。 元の飼い主さんはチョロが5才になるまで飼われてたのですが

安楽死を勧められたとき、余命が残り少ないと思い、知人を通じて元の飼い主さんに

連絡を取ってもらうと、お母さんと息子さん夫婦が大阪から会いに来てくれました。

チョロを見ると、元の飼い主さんのことを思い出したんだと感じました・・・



チョロにずーっと死なないで!って言い続け、チョロに辛い思いをさせてしまったけど

チョロがいてくれたおかげでずーーーーっとしあわせだったよ♪

チョロ、ありがとう♪

6月22日はチョロの命日だけど感謝する日でもあるね♪




チョロ

20才のおばあちゃんには見えないでしょう♪


チョロ 2

以前住んでた家の前で。


チョロ 3

チョロは3.5Kの小さな子だったね。


チョロ 4

眠かったのかな~? 


チョロ 5

前の家で、亀のクークンと。 

クークンはチョロが好きで、チョロのしっぽでよく玉を取ってたね♪





今、モコがいて、カイがいるのもチョロのおかげだよ(*^_^*)












お手数をおかけしますがポッチンお願いします

ペット(猫) ブログランキングへ


チョロと言う名の猫

チョロ
03 /05 2013
私には「この子が死んだら私も生きていけない・・・」とまで思った子がいます

それがチョロでした・・・

チョロがうちに来たのは5才のとき 元の飼い主さんが転勤になり、事情があって友達を通じてうちに来ました
その頃の私は、猫は家の中も外も自由に行き来できて当たり前だと思っていたので、チョロは自分で玄関の戸を開けて出たり入ったりしてました(^_^;)

チョロを写した写真があまりなく 数少ない写真の1枚がこれです






チョロ

チョロ(20才)  チョロが亡くなる6ヶ月くらい前の写真です(この頃はもう外に出ることはありませんでした)




チョロは血統書付きのシャムネコで避妊手術も済んでいて とっても可愛がられてた子でした
元の飼い主さんのお宅には二人の息子さんがいて うちにも息子が二人・・・
チョロが慣れるのも早かったように思います

チョロは賢くて(?)ねずみ・トカゲ・バッタなど 取ってくると必ず私か家族の誰かに「あげるよ」って得意顔で持って来てくれました(^_^;)

チョロがうちに来て6年目・・・ 私の母が脳梗塞になり、うちで一緒に暮らすようになると母の話し相手にもなってくれて 私が母とケンカすると必ず二人の間に入って仲裁をしてくれました
でもケンカして頭にきてる私に母が「チョロが私の味方をしょうる」って言うもんだから 私はチョロに八つ当たりしたりしてましたね・・・(-_-;)

私は朝、早く起きるのが苦手で(息子たちのお弁当は作ってましたよ)なかなか起きて来ない私をベッドに来てチョロは頭をポンポン・・・ まだ起きないと髪の毛を噛んで引っ張る・・・ それでも起きないと棚の上に上がって私の体の上にダイブ・・・ それでやっと起きてましたね~(^_^;)
チョロは3.5キロのスリムな体だから良かったけど 今、モコにダイブされると死にます・・・(-_-;)
だってモコの体重は6.3キロありますから。

チョロは人間の言葉が何でもわかってるようで 私もよく話し相手になってもらってました
真剣に話を聞いてくれてたし・・・

チョロが何の病気で入院したのか忘れてしまったのですが その頃行き付けにしていた三原市のY病院で「猫かわいがりし過ぎ」って言われたことがあります(^_^;)
このまま入院してると死んでしまうから連れて帰ってと・・・ 家に連れて帰ると元気になったのですが。

チョロが年を取ってからは三原市の病院まで通うのは負担になると思い市内の病院で診てもらっていましたが
チョロが19才の時 肝臓の数値が測定不能にまで上がり、劇症肝炎になって死ぬから安楽死をって先生にすすめられましたが、それでも私は出来るだけ治療をして欲しいとお願いしました

チョロの余命が残りわずかだと思い、友達を通じて元の飼い主さんに連絡を取ってもらうと、大阪からチョロに会いに来てくださったのですが、十数年会っていなくてもチョロには誰だかわかったように思います



今 思い返して私が悔やむことは・・・
チョロにずーーーっと死なないで! って言い続けたこと・・・
チョロには辛かっただろうな・・・と今になって思います

でもチョロは安楽死をすすめられてから1年と2ヶ月頑張って生きてくれました



チョロ 楽しかった思い出をいっぱいありがとうね!
 

ずーーーっと 私の心の中にチョロはいるよ(*^_^*)





追記 もう猫は飼わない・・・と決めたのに・・・チョロがいなくなって3か月後、息子が里親探しをしていたモコを連れて帰って来ました




お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします

ペット(猫) ブログランキングへ



dori

広島県尾道市在住です。
今は猫とメダカしか飼ってないけど 生き物全部好き!
あっ例外が・・・長いものは苦手です(^_^;)